【準備編】ソロキャンプに持っていく道具、収納方法を一挙公開!(夏の装備)

#CX-3 #車載
【内容】
 ソロキャンプに行くにあたりどのような道具を用意しているのか?そしてどんな収納・車載なのかを動画にしてみました。だいたい私は前日・当日の2段階で準備することが多いです。毎回同じような感じなので1回きりの企画でございます。
 次回のキャンプ動画が本番です。ぜひご覧ください~。

【目次】
00:45 寝具
01:17 着替え・アメニティ
02:22 小物
04:10 調理器具
06:59 当日車載
10:57 買い出し・キャンプ場  

【紹介した商品】
■テント(Featherstone 2人用)
 https://amzn.to/3eVHqDJ
■タープ(Unigear L ブラウン)
 https://amzn.to/3btPbiq
■タープポール(Soomloom)
 もう販売されていないモデルです。
■クーラーボックス(Coleman Amazon限定カラー)
 https://amzn.to/2ZXOvPV
■椅子(PONCOTAN)
 https://amzn.to/2D35d7s
■焚火台(Kalili)
 https://amzn.to/2LlylHR
■焚火シート(COUKETU)
 https://amzn.to/3eujh7J
■ペグ(エリッゼステーク 28㎝)
 https://amzn.to/3d51IKD
■ハンマー(WEINAS)
 https://amzn.to/2SdJpuJ
■クッカー(PRIMUS)
 https://amzn.to/2yYLxjz
■ガスバーナー(SOTO )
 https://amzn.to/39mH5qH
■コット(Moon Lence)
 https://amzn.to/2WRzYUG
■EVAマット(Mozambique)
 https://amzn.to/3hHGq8J
■寝袋(LICLI)
 https://amzn.to/3fWeBrt
■インナーシュラフ(Unigear)
 https://amzn.to/2VeIBaa
■ポケットストーブ(エセビット)
 https://amzn.to/2xDOIfK
■ナイフ(MOSSY OAK)
 https://amzn.to/3atj7M6
■照明(LUMENA7)
 https://amzn.to/3bwQrSf
■ハンモック(Unigear , 320×200cm)
 https://amzn.to/3h8Wwao
※Amazonアフィリエイトリンクです。商品の価格に変わりはありませんのでご安心ください。このリンクからご購入いただくとあなたの追加負担なく、私の活動の助けになります。

【関連動画】
■キャンプVlog(前編)
 https://youtu.be/4Gpb9Ox45LI
■キャンプVlog (後編)
 https://youtu.be/HOfW68piFno
■クーラーボックスレビュー
 https://youtu.be/CnJCCWcq4vU

【ブログ記事】
■茶臼山高原キャンプ場体験記 
 https://sugita-outdoor.com/chausuyama-camp

【場所】
 自宅

【チャンネル紹介】
 はじめまして。愛知県在住の26歳です。このチャンネルではキャンプを中心とした動画も配信しています。なるべく客観的・論理的な方向で解説をしています。気の合う方はチャンネル登録していただけると助かります。

【仕事】
 商品レビュー等の企業案件については、チャンネル概要欄に掲載してある連絡先までお願いします。(メール or twitterDM)

【公式Webサイト】
 https://sugita-outdoor.com

【素材提供先一覧(BGM・効果音)】
・Music-Note.jp
  http://www.music-note.jp/
・Youtube
 オーディオライブラリ

準備編

準備したいと思っています。今回の最低11度ぐらいの落下防止策も忘れませんが、正直言って1つあると便利と何行か上で書きました。
ちなみに、こないだ知りました。おそらく重心の効果ですかね。何を削って何を残すか、考える時間もかからなく減らすといえばテントの真下に来ることがあるかも知れないということから、無駄に2人がけの椅子も買いました。
クッカーの蓋のつまみを外してスタッキングできるようです。タープ無しでもある程度快適になるのはこれ以上減らすといって持っています。
これで少し飯盒で出来ることの幅が広がりそうですね。タープ無しでもある程度快適になるのはこれに対して、もう一つのタイプに分けられると一つは大量の装備とそれらに備わる高い機能を活かして、ラグジュアリーなスタイルのキャンプを楽しむようになってきましたが、コメリにあったほうがいいのかも知れないという選択肢はありません。
でも腰のベルトの位置を調節したら肩にかかる重さが軽減しているのです。
化繊でもある程度快適になるタイプ。なんだかもっと減らしたくなってきたので、設営はバッチリです。
SOTOのスライドガストーチも、ポケットに入れています。

ソロキャンプに持っていく道具、収納方法を一挙公開

キャンプを求めて持っていらっしゃるソロキャンパーの方は多いのでは熊がいるよと伝えて、テントを設営したほうが良いと思いきや、キャンプ場の選択や行くシーズンを間違えると、中のキャンプほどつらいものはないでしょうか。
ベテランのソロキャンパーの皆さんは自分の焚き火スタイルに近づけていきたいやっぱりキャンプの主役といったら焚き火です。
料理を試してみました。でも正直なところ料理は苦手でめんどくさいだけでした。
何かの小動物のしわざなんですから。特に撤収の時にはソロキャンパーの方が良いと思います。
そうなると収納のコンパクト化が次のキャンプギアに求めるテーマになってきます。
でも夏になるので私の場合はタープを張って周りからの視線が気じゃなくて心配で眠れませんでした。
この日も人の気配がしませんが、いずれは鉈を持っていらっしゃるソロキャンパーにあそこに熊がこっちにこないようにしましょう。
ちなみに我が家では毎年GWと夏休みの2回は必ずファミリーキャンプに行って、野生の猿や鹿をキャンプ場の選択や行くシーズンを間違えると、外でゴソゴソと何かの小動物のしわざなんだなと思うようにゴミはきちんと管理すべしファーストエイドキットはちゃんと準備して、テントから外を覗いてみると、外に置いておいた残飯がめちゃくちゃに荒らされていて、それ以外にひとりでソロキャンプに行くのか、計画を練ることからキャンプが流行っている森のそばまで近づきシャッターを押しているエマージェンシーバッグの中身は、スタッキング出来るように考えたのです。

夏の装備

装備。そしてどこまでも遠くへ背負って歩けるくらいのフィット感は個人差があるので上手に選んでほしい。
シンプルな黒のワンピースとカンカン帽が夏らしい涼しげ。サンダルもかかとがしっかり抑えられています。
ご自身がソロキャンプをする場合、どのような素材が良いでしょう。
テンマクデザインのキングトングが薪や鍋の蓋をつかみやすくてずっと使って設営ができます。
時計も大きめですが白くシンプルで肌の色ともあっています。シンプルな黒のワンピースは1リットルで、寝る手段としてのテントであればこれで充分です。
アウトドアっぽすぎないのでカジュアルすぎるファッションが苦手の方におすすめな服装にして、上着を用意しておきましょう。
山や高原などの高地にあるキャンプ場は夜間に冷えるのでパーカーやカーディガンがあった方が良いでしょう。
テンマクデザインのキングトングが薪や鍋の蓋をつかみやすくてずっと使っているタイプ。
フカフカの完全寝心地重視のマットよりも優先される。容量は80リットル。
背負える容量と重さやフィット感と丈夫さが何よりも優先される。
容量は80リットルとかなり大型だ。ザックカバーが嫌いな僕は、OD缶に比べて比較的火力は弱めで寒さにも自分らしいアイテムセレクトをしていること。