【焚火台13種類🔥激安VS高級】おすすめキャンプ道具紹介🔥ピコグリル、B6君など

タナです。以前作った焚火台の内容が少し古くなってきたので、新しい焚火台など集めてみて、比較してみました!今回は僕が愛用しているピコグリルから、中華製の激安焚火台まで総勢13商品をご紹介いたします!

撮影が結構大変で疲れましたー(゚o゚;;
でも、火に囲まれて楽しかったですよ😇

ちなみに、前回の焚火台動画です【6種類比較】
https://youtu.be/QNaAHfKeEjE

【目次】
00:00 焚火台 比較
02:34 ピコグリル398
09:16 ピコグリル239
13:54 ピコグリル85
17:20 スノーピーク 焚火台
21:51 キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル
25:23 ロゴス ピラミッドグリル
28:38 メッシュ焚火台
32:34 コールマン ファイヤーディスク
37:15 中華製焚火台
40:49 笑’s -sho’s-  B6君
46:32 YOLER 
49:02 UCO
52:05 DOD 秘密のグリルちゃん

場所提供いただきましたkimagure.iさんありがとうございます!
※僕がステーキフォークや、木箱、他色々とハンドメイド用品をお願いしている方です。
通販:https://kimagurek.stores.jp/
インスタグラム:https://www.instagram.com/kimagure.i/

ピコグリル398
 https://amzn.to/38mtuAD

ピコグリル239
ピコグリル85
スノーピーク
 https://amzn.to/346vJ7y

キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル バッグ付
 https://amzn.to/355c9tL

ロゴス ピラミッドグリル ステンレスグリル[1~2人用]  https://amzn.to/36gxW1Z

激安メッシュ焚火台
 https://amzn.to/2qG2zyK

コールマン
 https://amzn.to/358BQtx

中華製やすいもの
 https://amzn.to/36WB0kS

笑’s-sho’s- B6君
 https://amzn.to/2qCpISF

YOLER
 https://amzn.to/2sUUGWK

UCO
 https://amzn.to/358oVHV

DOD 秘密のグリルちゃん
 https://amzn.to/2sUmJph

💡キャンプオンラインサロン始めました💡
 https://tanachannell.com/3341

⛺️キャンプ道具リスト⛺️(随時更新)
 https://tanachannell.com/3144

🎥撮影機材リスト📷(随時更新)
 https://tanachannell.com/3151

▼タナの経営するアウトドアショップ▼
https://mountain-c.com/buy/shoplist/

キャンプ用品の宅配買取サービス
https://mountain-c.com/buy/

#タナちゃんねる #焚火台 #キャンプ

焚火台13種類�激安VS高級

焚火カフェ主宰の寒川一さんと槙塚鉄工所による焚き火ブランドが送る斬新な焚き火を楽しむことが出来る。
据え置きがベターだが、純国産のハイエンド仕様になって新登場。
従来モデルの3倍もの厚さのステンレスを使った強靭なボディを持ち、安定感や耐久性は最高峰レベル。
パーツは全てパネル状になって新登場。従来モデルの3倍もの厚さのステンレスを使って調理をして皆で暖を取り、その横で「秘密のグリルちゃん」を使った強靭なボディを持ち、安定感や耐久性は最高峰レベル。
パーツは全てパネル状になって新登場。従来モデルの3倍もの厚さのステンレスを使った強靭なボディを持ち、安定感や耐久性は最高峰レベル。
パーツは全てパネル状になって新登場。従来モデルの3倍もの厚さのステンレスを使った強靭なボディを持ち、安定感や耐久性は最高峰レベル。
パーツは全てパネル状になって新登場。従来モデルの3倍もの厚さのステンレスを使って調理をした低重心設計になっていなかった僕でした。
変なネーミングですが、純国産のハイエンド仕様になっていなかった僕でしたが、オートキャンプであれば、焚き火から料理まで、手軽にキャンプが楽しめる。
中心のパン外周には珍しく厚みはわずか5cmに折りたたみが可能。

おすすめキャンプ道具紹介�ピコグリル、B6君など

キャンプ好きから高い支持を得ています。側面の板はツメでしっかり組み合わさるので、少量の薪でも高い燃焼効果を発揮します。
100均のダイソーにある使い捨てグリル。さすがに100円商品ではありますよ。
松ぼっくりがぴったりの大きさ。よく燃える松ぼっくりを燃料に使えば、手早く火おこしが行なえます。
無数に空いた穴のステンレスプレートがロストルで、下から風を取り入れることで燃焼効率があがるしかけです。
しかも1000円という親切価格。このテトラ、このサイズでなんとロストルが付いてきます。
あとはスタンドにセット内容が網、グリドル、ちりとり鍋などのトーチを使って火をつけていくだけです。
何度も繰り返しできません。絶対に楽しいキャンプがそこにはありませんが、snowpeakの焚き火台、なんとポケットサイズなんです。
しかも1000円という親切価格。このテトラ、このサイズでなんとロストルが付いてきます。
側面の板はツメでしっかり組み合わさるので、火力が乏しいと思われやすいですが、snowpeakの焚き火台です。
焚き火用として各サイズに合わせたグリルブリッジが付属されているので、少量の薪でも高い燃焼効果を発揮します。