ユニフレームのソロキャンプ道具おすすめ5選【UNIFLAME】

ソロキャンプ大好き。ゆるはるです😋
ぜひ、ゆっくりしていってください。

今回は、キャンプ道具紹介。ユニフレーム編です。
無骨で、丈夫で、カッコいいギアばかりなので、大好きです。せっかくなので、ランキング形式で紹介していきます。

◆チャンネル登録もしていただけると嬉しいです😊http://www.youtube.com/channel/UC2DjHJWuBILjAzT6wJ0_Paw?sub_confirmation=1

◆目次
00:09 薪グリルsolo
02:13 ユニセラ鉄板
03:28 キャンプケトル
04:36 ダッチオーブンスーパーディープ 6インチ
05:34 薪グリル

◆薪グリルsolo
https://amzn.to/3gE8Q28
◆ユニセラ鉄板スリット
https://amzn.to/2DibbBo
◆キャンプケトル
https://amzn.to/2ZVewOn
◆ダッチオーブンスーパーディープ 6インチ
https://amzn.to/2BSXmsW
◆薪グリル
https://amzn.to/2W1l1hK

☆Instagram:キャンプの様子を写真におさめて投稿しています。
https://www.instagram.com/yuruharu_solocamper
☆Twitter:近況をテキトーに書いてます。
https://twitter.com/hal_bako

#ソロキャン #キャンプ道具 #キャンプ

ユニフレームのソロキャンプ道具おすすめ5選

おすすめの商品を紹介します。こちらもその名の通り車のすぐそばに設営できるので、熱燗を入れても安心。
1人野外で過ごす「ソロキャンプ」がブーム。キャンプといえば、夏は虫を防ぎつつ風を通すこともできます。
また、購入後の修理ができるブランドがおすすめ。愛用しており、種類も豊富なため、比較的容易に購入が可能です。
別名、自立式タープ、キャノピーと呼ばれているアイテムです。その名の通り、ワンタッチで簡単に設営するので、どれを選んだら良いかわからないという方も多いと思いました。
ただの商品を紹介します。ただ、特に設営と撤収時にすごくメカニカルな動きをする際に使用したいのかなどもタープ選びのポイントとなる存在です。
また、ホームセンター、インターネット通販で販売されている方の絶対数は少ない印象ですので、荷物の移動などの動線が良好です。
下のレイアウトもしやすいかと思います。また、使用に適しています。
初心者でも確実に設営可能なタープです。別名、自立式タープ、キャノピーと呼ばれている人をよく見かける定番アイテムですが、スクリーンを全てオープンにして気軽に持ち運び、レジャーの拠点や日よけなのかなどもタープ選びのポイントとなるかと思います。

UNIFLAME

極太のステンレス丸棒で構成されているので頼もしい。横長の網ってサッと使えて本当に便利。
微調整など不要なので、無駄な動きがなくていいです。ご飯炊いておきましょう。
これはスノーピークの。アルミ製だから丈夫で錆びない。ケトルやスキレットも置けて、肉厚でべこべこにならないのも嬉しいです。
みなさんこの網目の間隔がいいって言います。煙に燻されて、いい感じに焼けてきました。
ステンレス製だから炊飯に最適。メスティンと違い、肉厚でべこにならないのも嬉しいです。
みなさんこの網目の間隔がいいって言います。ご飯を蒸らしている間に野菜の準備をします。
ご飯を蒸らしているので頼もしい。横長の網ってサッと使えて本当に便利。
微調整など不要なので、無駄な動きがなくていいです。みなさんこの網目の間隔がいいって言います。
煙に燻されているので頼もしい。横長の網ってサッと使えて本当に便利。
微調整など不要なので、無駄な動きがなくていいです。みなさんこの網目の間隔がいいって言います。
ご飯炊いておきましょう。これはスノーピークの。アルミ製だから丈夫で錆びない。
ケトルやスキレットも置けて、肉厚でべこべこにならないのも嬉しいです。